ペットの葬式にも仕来りはある?

今やだれもがやっているペットのお葬式

一昔前はペットが亡くなったときは家の庭に埋めて家族だけでひっそりと弔ってあげるのが一般的でした。
ペットが大切なものであるという認識はもちろんあったのですが、わざわざお葬式をするほどでもないだろう、という考えが当たり前だったのでしょう。
ところが、近年ではペットのためにお葬式をしてあげる家族のほうが多くなっています。
動物もまた人間と同じように命があるものですから、長年生きてきた労いの意味を込めてお葬式をしてあげるのは良い傾向といえるでしょう。
まだペットの死に立ち会ったことがないけれど、相当な高齢になっているのでそろそろだろうか、という人にとってもペットの葬式をあげるかどうかは考えておきたいところです。
しかし、お葬式といえば何かとマナーが付きまとうものです。
人間ならば一つ一つ気にかけなければいけないところでしょうが、ペットの葬式にもそうしたマナーは存在するのでしょうか。

服装は喪服?

葬式のマナーときいて一番に思い浮かぶのは服装です。
私たちは身近な人が亡くなったとき黒のスーツとネクタイを着てお葬式に臨むのですが、ペットのお葬式にはどのような服装で臨むべきなのでしょうか。
これに関しては自由、というのが一般的な見解です。
しっかりと気持ちを込めて葬儀を行いたいという方は喪服を着てもいいでしょうし、ペットと普段過ごしていた服装で臨みたいという方は私服でもいいでしょう。
場合によっては葬儀業者の方から指定がありますから事前に聞いておきたいところです。
もっとも、葬儀業者の方と面と向かうからといって化粧を頑張ってしまったり、ラフな恰好で臨んだりといったことはやってはいけません。
葬儀は粛々と行うものですから、あくまでも地味な恰好で臨みましょう。

仏教式の仕来りもしっかりと守ろう

お葬式に出たことがある人にとってはおわかりでしょうが、焼骨にあたってはいろいろと細々とした段取りがあります。
ああしたことをペットの葬式でもやるのだろうか、と疑問に思っている方も多いでしょう。
大抵の葬儀業者ではお寺から住職さんを呼んできてしっかりとしたお経を唱えてもらっています。
それゆえ、焼骨にあたってしなければいけないお焼香なども形式に沿った形で執り行わなくてはいけません。
これについては宗派によってやり方が色々ありますから、事前に自分が檀家に入っている宗派の仕来りを確認しておきましょう。
また、お経を唱える際に手に持っているべき数珠も忘れないように準備しておきたいところです。
動物の葬式だからといって手続きをおろそかにしてはいけません。
丁寧な段取りに従って祈りをささげてこそペットの魂も安らかに眠ることができます。

ペットの火葬について骨壷や納骨について解説した記事

ペットの遺体を土に埋めちゃダメ?

ここまではペットの遺体は火葬する、という前提でお話してきましたが、ここでそうした費用を節約するために土葬することはできないのか、と疑った方もいらっしゃるでしょう。
先程も申し上げたように昔は動物の遺体は土に埋めるのが当たり前だったのですが、今は様々な観点から望ましい方法とは言えなくなってきています。
まずは遺体を埋めることによって発生する腐敗臭が挙げられます。
異臭がしたらいかにかわいがっていたペットのものといえどあまり良い気はしないでしょう。
また、他の野生動物が肉の匂いをかぎつけて土を掘り返すようなことも考えられます。
なにより、自宅の敷地に埋葬するならともかく、公園や山などに埋葬した場合ha動物愛護法に違反することになります。
火葬は動物を弔う際のマナーの一つといえるので、しっかりと覚えておきましょう。
もちろん、お葬式を挙げずとも保健所に遺体を預けて焼却してもらうことも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今後のペット葬儀業界について © 2018